たんぽぽのお化粧






「はッ…バカみてぇ…」

今頃ジロー先輩は空の上、きっともう離陸しただろう。

俺の涙がタンポポの上に落ちてゆく。
タンポポが泣いてるみたいだと脳天気に思ってみたりした。




たんぽぽのお化粧




ちゃんとあの人はあっちでやっていけるだろうか
眠ってばかりで、ほっておけないから、
俺が、側にいないと、駄目なんだよ。


…俺が駄目なんだ。
あの人の温もりが、優しさが側にいないと、
どうしたらいいか、わからないんだ
なぁ…先輩?俺どうすればいい?
俺、もう駄目だよ
先輩の声を、
先輩の目を、
先輩の手を、
先輩が素敵だった事、吐息を、温もりを、全て忘れて、しまいそうだ









 「ダンデライオンの風が舞う」の続き…?
 間に話はあるのですが…見たい人がいたら笑

 閉じる
 
 
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー