猫と犬の物語




物語





「日吉って、猫みたい」

帰路の途中、話題が無くなり無言が続いた。
静寂から聞こえた、微かな鳳の声
前方を見ると目が光っている猫
黒猫なのか、辺りとほとんど同化している。

俺が猫に魅入っていると、声が聞こえなかったと解釈した鳳が
もう一度、話掛けてきた

「ほら、なんか日吉って、あの猫みたい」

鳳は黒猫を見る
俺が返答に困り、鳳を見上げると
バツの悪そうな鳳の笑顔。
この話題は失敗したと思ったんだろうか

「…どこが」
「え!?どこ…えっと…雰囲気かな…」
「…」

何時の間にか猫は消え、辺りは外灯と俺達だけになった
やわらかい春の夜風が辺りを包む

「鳳こそ、」
「えッ?」
「……鳳こそ!犬っぽいよな」
「あー。よく言われる」

何故か鳳は嬉しそうな顔をしながら、はにかんだ

「…何かおかしい事言ったか?」
「いや……日吉に言われたのは、初めてだから。」

今度は満足気な笑顔を向けてきた
俺は顔が赤くなるのを感じた


もうすぐ別れ道だ





 閉じる
 
  
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー