ダンデライオンの風が舞う




丘の上の、桜の木の下
よく風が通りとても心地良くて
俺はよくここに足を運んだ




ダンデライオンが舞う




理由はそれだけではなくって、
この春になると桜がよく舞い
とても華やかに空がピンク色に染められ描かれてゆく。
そんな情景に、似合いすぎている雰囲気を
かもちだしている人物に会う為でもあった。


----



この丘を越えればあの人に会える。
そんな期待をしてる乙女チックな自分に鼻で笑い、前を見た。
そこには期待通りの人物と、
想像したより花があまり散っていない景色に、
俺は目を細めた



「まだ、来るのが早かったですね。」
「…そうだね」



木にもたれかかっている背中を見て思わず笑みが溢れた。
どこからどう見ても眠っているのに、
起きているかどうか分かった自分が、凄いと素直に思った。







  NexT

 きっと、2人ともいい笑顔してるよ、今

 閉じる
 
  
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー